2017年度助成 募集要項

公益財団法人 社会科学国際交流江草基金 創立30周年事業 東アジア国際交流 特別助成 <募集要項>

2016年4月1日

1.趣 旨

当基金は1987年4月6日に、「法学を中心とする社会科学に関する学術研究の国際交流を助成し、もって学術の進展に寄与
する」ことを目的として、当時の株式会社有斐閣社主江草四郎氏の醵出資金により創設されました。
来年度に創立30周年を迎えるにあたり、中国、韓国を中心とする東アジアの国々の研究者との国際交流に力を入れておりました
設立当初の精神に想いを馳せ、東アジアとの国際交流を目指す研究者団体に対する特別助成事業を企画しました。

2.助成対象と予定金額(2017年4月1日~2018年3月31日に行われる事業に対する助成) (予定額合計 450万円)

(1) 法学を中心とする社会科学に関する国際研究集会の開催に対する助成
国内で開催される国際研究集会(東アジアからの報告者・講演者は必須)に対する助成
主催団体に対し、1件 300万円

国際研究集会開催助成申請書.xls (43KB)

(2) 法学を中心とする社会科学に関する日本人研究者の海外における研究活動に対する助成
東アジアで開催される国際研究集会等への参加(座長、講演者等の重要で積極的役割を果たそうとする者。4名以上)
に対する助成
参加団体に対し、1件 150万円

国際研究集会等派遣助成申請書.xls (42KB)

※助成金には大学の間接経費(事務処理経費)は含みません。

3.応募資格

国内の大学に所属する研究者(団体の代表者、企画責任者、これらに準ずる者に限る)

4.応募期間

2016年10月3日(月)~12月20日(火)

5.応募方法

助成対象(1)(2)に応じた所定の用紙をHP(http://www.egusa-kikin.org/)からダウンロードして記入のうえ、下記事務局宛郵送
して下さい。申請書を受領しましたら連絡メールをお送りします。
(用紙はB4を標準としますが、A4横一枚、A4縦二枚でもかまいません。)
なお、必要に応じ追加の資料のご送付をお願いすることがあります。
※ご応募いただく際にお預かりする個人情報は、選考の目的以外には使用いたしません。
※ご応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

6.通常の助成との関係

通常の助成事業は別掲募集要項の通り行います。なお、特別助成と通常助成への重複応募は認められません。

7.選考方法

各分野の学識経験者による当基金の選考委員会で選考し、その答申に基づいて理事長が決定します。

8.助成決定及び通知

決定は2017年1月下旬の予定。選考結果は、同年2月下旬までに応募者全員に書面により通知します。
なお、助成決定の審査内容の問い合わせには応じません。

9.報告義務等

助成を受けた方は、研究活動等の終了後1カ月以内に、実績、収支等について、所定の用紙にて報告して下さい。
助成を受けた研究を出版物、論文等で他に発表される場合は、当基金で助成を受けた旨、注記し、刊行物をご送付下さい。

10. 連絡先

〒113-0033 東京都文京区本郷 6-2-9-305号室
公益財団法人社会科学国際交流江草基金 事務局
egusakikin■gamma.ocn.ne.jp (←「■」を「@」に変えてください)
TEL&FAX:03-3816-6483 (土・日及び祝日を除く10:00-16:00)

▲ページトップに戻る